88 GALLERY
About 88GALLERY General Information Exhibition Schedule Report クリエーター紹介 Contact
Schedule

2
『ステンドグラスと暮らす〜あかりのおもてなし〜工房アズ 中山公子展』
開催期間:2007年12月14日(金)〜12月18日(火)
期間内は主に屏風や行灯など、和のかたちにこだわった、およそ30点あまりを展示販売いたしました。作品は、竹、つばき、モクレン、藤、菊、トンボ、フクロウなど和をイメージさせる素材をモチーフにデザインしたもので、行灯、角灯、衝立など、そのまま和室に置かれても違和感の無いものばかりでした。
時間によって光が差しこむ角度が変わり、それにともなって様々に表情を変えて行く衝立や 灯が点されると美しい透過光を壁に映し出すランプなど、GALLERY内はステンドグラスが織りなす幻想的な世界に一変していました。
期間中、御来場いただきました大勢のお客様、在廊いただきました中山氏ありがとうございました。心からお礼申し上げます。
ステンドグラス ステンドグラス
ステンドグラス ステンドグラス
ステンドグラス ステンドグラス
1

枠
『石井 章 個展 THE LOCUS of the end point 〜その終点の軌跡〜』
開催期間:2007年11月30日(金)〜12月04日(火)
石井章氏は香川県在住の金属造形作家で、今回が県内初の個展となりました。
石井氏の作品からは、金属という素材から連想されがちな「固さ」や「冷たさ」といったものはほとんど感じられません。今回のテーマである点と線を連結させることにより生じる「動き」は柔らかく、繊細でありながら頑強であり、温かさとどこかしらユーモアを感じさせるものになっています。
オブジェのひとがたが指し示すポーズは「振り返りながら前に進むことの重要性」を示唆しているように思います。

また今回はアートとして鑑賞するだけでなく、実用的な作品(時計・鍋敷き・スツール等)も展示・販売されていました。
展示期間中を通じて、在廊されていた石井氏に厚く御礼申し上げます。
氏の「作品はなかなか意図した通りには仕上らず、かえって意図しない方が良いものができる」というお話が印象的でした。
石井章個展 石井章個展
石井章個展 石井章個展
枠

下フレーム
『TOMOー秋の服・冬の服』
開催期間:2007年11月16日(金)〜11月20日(火)

岡山倉敷出身のデザイナー真鍋友芳氏のオーガニックコットンのブランド「 TOMO」の秋冬シーズンのアイテムを展示販売しました。
「TOMO」の服は、素材から仕上りまで多くこだわりをもって作られた服です。
タイの東北地方イサンの地で、種から育てたコットンを、糸につむぎ、それぞれの村にある身近な草木で染め、生地を機織りで織られます。そうやって作られた生地は立体裁断され
一着一着が接着芯やロックミシンを使わず丁寧に縫製されています。
また、身にまとった時のシルエットと着心地にこだわったデザインは、流行にとらわれない、年齢を問わず着ることのできる飽きのこない服になっています。アジアの大地のぬくもりを感じる「TOMO」の服がもっと広く知られるようになって欲しいと思いました。
期間中、タイ在住の真鍋友芳氏に代り、ずっと在廊されていた真鍋芳章氏、質問にも丁寧に答えていただきました。御礼申し上げます。ありがとうございました。
 website Tomo http://www3.plala.or.jp/tomobrand/

Tomoコットンファオーガニックブリック Tomoのファブリック
Tomoの帽子 Tomoオーガニックコットンの服

上フレーム

下フレーム
『中内愛也 作陶展』
開催期間:2007年10月19日(金)〜10月28日(日)

徳島県を拠点に活動してる中内愛也氏(なかうちよしや)の作品を展示/販売いたしました。
中内氏は1982年、愛知県窯業訓練校を卒業後、九谷焼、薩摩焼など10年の修業の後、徳島県勝浦郡上勝町栂瀬に栂瀬窯を築き、現在は海部郡美波町に移転されて製作されています。

中内氏の作る器はどこか懐かしい大地の温もりとやさしい風合いを感じさせます。また器を手にした時、しっくりと馴染む感触は快く、氏のめざす「使い勝手のよい器」を充分に表していると思います。
小さな可愛い動物を描いたカップと来年度の干支である子の置物は好評で短期間で完売となってしまい、後に来られたお客様には申し訳ありませんでした。
期間中、多数のご来場いただきました皆様、厚く御礼申し上げます。

中内愛也作陶展全景 中内愛也作陶展・器いろいろ
中内愛也作陶展・入り口展示 中内愛也作陶展・干支ねずみ

上フレーム


下フレーム
『13 DESIGNERS』 〜13人のデザイナー展〜
開催期間:2007年9月23日(日)〜9月30日(日)
香川県を拠点に活動している金工/ジュエリー作家 武田新氏をはじめとする、アクセサリー制作を中心に活動している13人のデザイナー展を開催いたしました。

シルバーだけでなく、皮革・布、樹脂や木など異素材との組み合わせなど、多彩な技法で作られた様々なアクセサリーたち。
アクセサリーという「日常的に身に付けるもの」という枠の中で、作品としての独自性も忘れないーまさに13人それぞれの個性があふれた作品展となりました。
スタッフにとっても、見て楽しむだけでなく、実際に身に付けることができるartとしてのアクセサリー。その表現の可能性に目を開かされた8日間でありました。

期間中、御来場いただきました多数の皆様、また常に在廊されていた竹田新様はじめ作品のメンテナンスに来られていたデザイナー諸氏に心から御礼申し上げます。


【出展デザイナー(敬称略)/ブランド名/作品カテゴリー一覧】
■ 武田 新(たけだ しん) アクセサリー
■ 上原 正道(うえはら まさみち)/rony /アクセサリー
■ 大藪 希久子(おおやぶ きくこ)/Koko /アクセサリー
■ 亀井 愛(かめい あい) 布アクセサリー 他
■ 神庭 真弓(かんば まゆみ)/canba /アクセサリー
■ 河本 恵美(こうもと めぐみ)/Tiha /皮革小物
■ 小松原 康一(こまつばら こういち) 腕時計 他
■ 多田 尚未(ただ なおみ) アクセサリー
■ 松本 美代子(まつもと みよこ)/24・7/アクセサリー
■ 森下 まどか(もりした まどか)/MARON/ トップ・リング・ピアス
■ 湯本 真樹(ゆもと まき)& 岡田 雅信(おかだ まさのぶ)/雅樹/ 和風シルバーアクセサリー
■ 横田 舞(よこた まい)/maimai /アクセサリー
13人のデザイナー展 13人のデザイナー展
13人のデザイナー展 13人のデザイナー展

上フレーム

『高橋康治 個展 〜ぬくもりを愉しむ用の美、陶と漆が出会うとき〜』
開催期間:2007年5月25日(金)〜 6月3日(日)
香川県満濃町を中心に活動している陶瓷工房 海棠舎代表の高橋康治氏の個展を開催いたしました。
高橋氏は、2003年より「陶胎漆器」の研究を始め、陶漆をする数 少ない陶芸作家の一人として今後の活躍が期待されています。
今回は、「陶胎漆器」をはじめ、定評ある土鍋や飯茶碗、小鉢など「ぬ くもりを愉しみながら」使うことのできる普段使いの器を数多くの出品いただきました。
作品に対して一切の妥協を許さない高橋氏の作品には温かみと凛とした表情が兼ね備わっているように思います。
生憎、初日は大雨に見舞われましたが、沢山のお客様にご来場いただき、あっという間に一部の作品が完売してしまい誠に申し訳なく思います。
残念ながらお買い求めいただけなかったお客様には、後日特別に制作してお渡しする予定です。
ご来場いただきました皆様、そして高橋様には心より御礼申し上げます。
地元の有望な作家として、今後の新作に期待し、注目し、そして応援し続けていきたい。そう思った10日間でした。




『木のぬくもり、漆につつまれて 〜香川の木工品と漆器〜』
開催期間:2007年4月28日(土)〜 5月6日(日)
香川県を代表する漆工芸品と木工品の数々を展示/販売いたしました。
好天に恵まれたGWということもあり、沢山のお客様にご来場いただきましてありがとうございました。
今回の企画展は、地元香川県の伝統工芸品である「漆器」をもっと身近に、日常使いの器としてご紹介すること、
そして大地が育ててくれた大切な木で作られている家具や漆器を通じて「使い続けること」の大切さを、今だからこそ感じていただきたいと思い開催しました。
一つひとつ丁寧に作られた「無垢の家具」は、ご来店いただいたお客様を温かく迎え、一見無骨な(?!)でもとっても座り心地の良い椅子に皆様驚かれていました。
また、「香川漆」は、若い世代や県外からのお客様にとって”日本の伝統工芸品”として知っていただく良い機会となったように思います。
スタッフも古くから伝わる技術や知恵を再認識し、漆の良さを再発見した1週間でした。
ご出展いただきました皆様は以下のとおりです。 沢山の作品をご出展いただきまして心より御礼申し上げます。
【出展者一覧】 (五十音順、敬称省略)
一和堂工芸株式会社、株式会社 川口屋漆器店、藤沢木工株式会社
株式会社 邦光堂、株式会社 森嘉吉商店、山工房




『二人展 〜透明な花、透きとおる時〜』
会期:2006年12月7日(木)〜12月26日(火)
福岡県を拠点に活躍しているガラスアーティスト後藤ゆみこ氏と高松市を拠点に活躍している空間アーティスト竹田豊靖氏の二人展を開催いたしました。
今回のサブタイトルである「透明な花、透きとおる時」を地元の野山にある草花とステンドグラスで表現した企画展です。
草花、そしてガラス・・・全てが「自然からの贈り物」で彩られた美しい20日間でした。
開催期間中は、竹田豊清氏によるディスプレーが数回アレンジされ、いつ見ても新鮮な空間を演出いただきました。
また、ワークショップでは多くの方にご参加いただき、とても楽しいひとときを過ごしました。 (ショップスタッフも飛び入り参加!!)
ワークショップで制作した万華鏡は、多くの方から販売のお問合せをいただきましたが、残念ながら店頭にて販売できずに申し訳ございませんでした。
また、楽しいワークショップが開催できるような展覧会を企画していきますので、お楽しみに!




『市村力 個展〜代表作とスケッチ展』
会期:2006年11月23日(木)〜12 月4日(月)
高松在住の洋画家 市村力氏の個展を開催いたしました。
今回は、画業75年余り一筋に描きためた作品の中から代表作と水彩画スケッチを中心に展示/販売をし、多くのファンの方にお越しいただきました。
長年画業を続けてこられた市村氏の作品は、多くの方を魅了し続けており、初めてご覧いただいた方にも水彩画の優しい風景が心を満たしてくれたように思います。
このたびの個展は88STAGE全体の企画としての共同展示となり、大型の油絵などがインテリアショップ「布木紙楽土」や「88CAFE」に於いて展示されました。
引続き、88CAFEにおいて展示しておりますので、見逃した方はカフェでくつろぎながら市村氏の作品をお楽しみください。
*88CAFEでの展示期間は未定です。お早めにおこしください。


『松下慶一 作陶展』
会期:2006年11月03日(金)〜11月12日(日)
 徳島県を拠点に活躍している陶芸家 松下慶一氏の個展を開催いたしました。
絶妙な窯変や粉引、ゆったりとしたおおらかな存在感、そして同氏の人柄を思わせるような優しい表情を持った作品約70点をギャラリースタッフもうっとり眺める毎日でした。
当初、松下氏の在廊予定日は3日間のみでしたが、実はほぼ毎日ご在廊いただき、ご来場いただいた皆様を一緒にお迎していただきました。
ご来場いただきましたお客様、そして作品に関する様々なお話をしていただきました松下様、心より御礼申し上げます。

『井原香織 〜桃香窯 焼締展〜』
会期:2006年10月20日(金)〜10月30日(月)
 香川県丸亀市を拠点に活躍している陶芸家 井原香織氏の個展を開催いたしました。
今年8月に新しく開いた小窯の初窯作品を含む近作を展示販売し、多くの方にご来場いただきました。 自然の力強さと暖かさにあふれ、自分を育んでくれた自然とのつながりを感じさせる井原氏の作品に触れ、「土のぬくもり」を再発見した10日間でした。
ご来場いただきましたお客様、そして全日ご在廊いただきました井原様、心より感謝し、御礼申し上げます。

『近藤真由美展〜新作家具Tenシリーズ〜』
会期:2006年9月8日(金)〜10月9日(月)
京都を拠点に国内外で活躍しているデザイナー 近藤真由美氏の新作発表展示会を開催いたしました。
今秋、新作発表した家具は、直線のシンプルな美しさとアクリルやガラスの透明感がコラボレートした使いやすいデザインが特徴です。 また、同氏の照明ブランド「LUNATIX」との相性も良く、お部屋を透明感ある空間に演出してくれます。
ディスプレーはまるでヨーロッパの一室を思わせるような仕上りとなりました。
ご好評いただきましたローテブルは、引続き隣接するインテリアショップ「布木紙楽土」にて展示販売しております。

『米盛智恵子 ヒーリング文字展 楽分〜ラブ』
会期:2006年8月4日(金)〜8月31日(木)
沖縄県那覇市在住のヒーリングライーター 米盛智恵子氏の個展を開催いたしました。
米盛氏は、2003年にうちなーぐち(沖縄の方言)を漢字で当て字をした作品集「風楽風遊」(フラーフユー)を出版し、その後、講演や執筆活動など全国各地で活躍されております。
米盛氏の独創的な文字は、見ているだけで思わず笑顔になったり、勇気がでたり、そして心を和ませてくれます。 個展のタイトルにもなった「楽分」は【楽しさを分け合うこと】が「ラブ」(LOVE=愛)だと教えてくれました。 ご来場いただきました皆様からも笑顔がこぼれ、ギャラリースタッフも癒された数週間でした。

※ 米盛氏直筆のお名前色紙プレゼント当選者の皆様、おめでとうございました!!

『オーガニックコットンフェア 〜PRISTINE WORLD〜』
会期:2006年4月29日(土)〜5月13日(日)
気持ちのいい毎日へ・・・をコンセプトに、化学染料および天然染料を使わずに、自然が持つ色味だけの原綿やカラードコットンを使用したブランド「プリスティン」の展示販売を開催いたしました。
ベビー服、ベビー小物はもちろんのこと、婦人服やタオルなどのリネン類までプリスティンのほぼ全てのラインが揃いました。 出産祝いなどのギフトに、またお子様連れのお客様など多くの方にご好評をいただきました。 ご好評いただきました商品や生地を中心に、引続き隣接するインテリアショップ「布木紙楽土」にて販売しております。




| 個人情報保護方針 | サイトポリシー |
Copyright 2006 Hana Collections, Co., Ltd. All rights reserved.